真菌の増殖の理由 | マラセチア皮膚炎は、マラセチア予防用のシャンプーで行おう

真菌の増殖の理由

「真菌の増殖の理由」のイメージフォトです。

マラセチア皮膚炎の原因となる、マラセチア真菌と呼ばれる菌がいます。
このマラセチア真菌というのは、皮膚炎を発症させるような非常に恐ろしいウィルスである……という風に多くの人は思っているかもしれませんが、実はこのマラセチア真菌自体はそこまで恐ろしい菌ではなく、ペットの身体に常に生息している菌、常在菌と呼ばれる種類の菌なのです。

そのため、普段は特に身体の表面で何か悪さをするわけでもなく、ただ生息しているだけなのですが、何かしらの事情によって異常増殖した場合、マラセチア皮膚炎を発症させてしまうのです。
そして、この異常増殖の原因となる何かしらの理由、には様々な理由が存在しているのですが、その中でも特に大きな理由に、犬の体に生息している常在菌のバランス崩壊があります。
このバランス崩壊というのは、ペット用の医薬品を服用させることによって、体の中に生息している常在菌が駆除されてしまい、その結果他の菌が増殖する……といったことによって発生する現象なのですが、マラセチア真菌の場合、抗生物質と呼ばれるような菌を駆除する医薬品をペットに服用させ、マラセチア真菌以外の金額除されることによって、犬の体内でマラセチア真菌が異常増殖し、皮膚炎を発症させてしまうことがあるのです。

他にも、ペットの身体を綺麗に洗えておらず、マラセチア真菌画像色する原因であるペットの皮脂などが身体に多量に付着している状態が長期間継続した際にも、このマラセチア皮膚炎は発症しやすくなります。
なので、マラセチア予防を行いたいと思っているのであれば、日頃からしっかりとした健康管理や丁寧なシャンプーなどを心がけるようにしましょう。